今でも忘れられない初めての彼女

今でも忘れられない初めての彼女僕は既婚ですが、今でも初めて付き合った彼女のことが、時々記憶から飛び出てきます。別れて30年近くにもなり、時の流れの速さに心から驚かされます。

私は地方出身で高校まで田舎におり、予備校通いを機に東京に出てきました。高校、予備校と生活の大半が受験勉強に費やされ、大学に入るまで恋愛とは無関係な人生を送っていたのです。

大学2年の時に、同郷の友人がナンパした女の子と飲み会をするということで参加し、そこに可愛いなと思った女の子がいました。

浮かれてしまった僕はなんとか会話を盛り上げようと必死になり、調子に乗ってお酒を飲み過ぎたせいで吐き気を催し、トイレまで間に合わず通路に吐いてしまったのでした。この様子をみていたのが可愛いと思っていた女の子で、こんな無様な僕を介抱してくれたのです。

後日、飲み会の感想を友人が聞いたところ、僕の体のことを心配してくれていた彼女の優しさに感動し、告白をしました。クリスマスに自宅に来てくれ何とかキスまででき、翌春の泊りがけの旅行で彼女のおかげで童貞を捨てることができました。

彼女は社会人、方や自分は学生で、同級生でしたが相手がいくつもお姉さんのような感じがしました。彼女は少々ワガママなところがあり、それを上手く叱れない私に物足りなさを感じてしまったのか、1年半の交際に終止符を打たれました。

私は彼女が大好きで結婚まで視野に入れていましたので毎日、彼女のことが忘れられす、浮遊霊のように魂が抜けた日々が続きました。

社会人になり別れて3年が経とうとした頃、久しぶりに彼女の実家に電話をすると、彼女のお母さんからもうすぐ結婚するという話を聞かされ2度目のショックに見舞われたのです。

しばらく女性と付き合わない!と決心し、趣味のスキーに夢中になっていました。10年後、ねるとんパーィテーで見付けた女性と結婚しましたが、それでも初めての彼女のことはゼロにはできず、一緒に撮った写真が今でも実家にあります。

コメントを残す

このページの先頭へ