最高にロマンチックな恋の告白

最高にロマンチックな恋の告白私は高校時代、学校で特別に仲良くしていたグループがありました。そこは、男女混合グループだったので、いつもみんなで楽しいことを探しては集まっていました。

そんな中、グループの中に密かに心惹かれている彼がいて、私は片片想いをしていました。その彼のことは、友達にも誰一人として言わなかったのでした。

それは、友達の関係を壊したくなかったですし、自分から好きだと告白する勇気が無くて言えずにいたのです。

そんな時に、友達が開催した花火大会に呼ばれ、手持ち花火を皆で持ちより、海岸沿いで花火をする約束をして集まっていました。本当に楽しく盛り上がり、あっという間に時間が過ぎてしまったのを覚えています。

でも、それ以上に強烈に、私の思い出に残った出来事があったのです。線香花火をしているときに、片想いの彼が傍に寄って来てくれた時でした。

彼は線香花火が落ちる前に、こっそりと私に「好きなんだ」と告白してくれました。今まで私の片想いだと思っていたのですが、実は両想いだったのです。

ロマンチックすぎる告白に、私は「キュン」として、勿論OKしました。あれは、忘れられない嬉しい思い出です。

今でも線香花火を見ると、彼の事を思い出します。こんなにも嬉しかった告白は、これから一生、無いかもしれません。

コメントを残す

このページの先頭へ